疾患について

当院では、さまざまな疾患に関する治療を行っています。 最近、目がかすむ、ゆがむ、ぼけるなどの症状がある方はお気軽に当院へご相談下さい。
白内障
白内障のイメージ
白内障の主な症状として、人の目の中でレンズの働きをしている水晶体がにごってきて、視力が低下します。

ものがかすんで見えたり、二重に見えたり、眩しくて見えにくくなるなどの症状が現れます。
治療に関しては、ごく初期の場合は点眼薬や内服薬で進行を遅らせることはできますが、治癒することはで きません。

緑内障
緑内障のイメージ
緑内障は眼の中の圧力(眼圧)が耐えられる限界よりも高くなり、視神経が傷つき、視野(見える範囲)が次第に狭くなる病気です。 傷ついた視神経は元には戻りませんので、 早期発見・早期治療が重要です。

病気の進行を食い止めるため、眼圧を下げる治療を行います。
治療法としては薬物療法・レーザー治療や手術があります。緑内障は日本の失明原因の上位を占めており、初期は自覚症状に乏しい病気ですので早期発見・早期治療のためにも定期的な検査をおすすめします。

糖尿病網膜症
糖尿病の合併症の一つで、放っておくと失明することもある怖い病気です。日本人の失明の原因の第一位が、この糖尿病網膜症です。

早期発見・早期治療が好ましいのですが、特に自覚症状がないため、気付かないうちに進行してしまうことが多いのが現状です。
もしも糖尿病と診断されたら定期的な糖尿病の治療はもちろん、眼科でも定期的な眼底検査等を受けられることをお勧めします。
加齢黄斑変性
加齢黄斑変性のイメージ
ものを見る中心となる「黄斑」に異常を起こし、 視力が低下する疾患です。

加齢とともに誰にでもおこる可能性があり、 高齢者の失明原因のひとつです。 「ものがゆがんで見える」「見ている中心がぼやける」 などの症状がある場合は早めに検査を受けましょう。
飛蚊症
飛蚊症のイメージ
眼の前に黒い点、虫や糸くずのようなもの、または薄い雲のようなものが飛んでいるように見える症状を飛蚊症といいます。

飛蚊症の大半は老化に伴うものや生理的な原因によるものですが、浮遊物の数が増えたり、視力が落ちるようであれば、網膜剥離の初期症状の可能性がありますので早急に受診してください。


つくばの森 野堀眼科クリニック
【受付時間】
月火木金 8:30~12:00 14:30~18:00
水・土 8:30~12:00
休診日 日曜・祝日



つくば市 野堀眼科クリニック 野堀眼科クリニック  〒300-2633茨城県つくば市遠東779-1 TEL.029-886-3636
野堀眼科クリニックのサイトマップ 野堀眼科クリニックのプライバシーポリシー
Copyright (C)2011 NOBORI EYE CLINIC .ALL Rights Reserved